Provides Financial Services 通販型自動車保険ってどう?通販型を選ぶメリット・デメリットを紹介

通販型自動車保険ってどう?通販型を選ぶメリット・デメリットを紹介


保険料の安さが魅力!ロードサービスや補償内容も充実

自動車保険には大きく分けて対面型と通販型の2つのタイプがありますが、ネットから手軽に手続きできるということもあって、最近では更新時期に合わせて通販型を選ぶ人が増えています。通販型自動車保険のメリットは保険料が安い点。おもな利用シーンや走行距離を申告することで、保険料が安くなるサービスも人気となっています。気になる補償やロードサービスも対面型保険と比べて見劣りする点がありません。補償面では、もらい事故などの際に役立つ弁護士サポートサービスや日常生活でのトラブルに備える個人賠償特約なども選択することが可能です。また、キーの閉じ込めやバッテリー上がりといった緊急のトラブルに対するロードサービスが充実しているのも大きな魅力となっています。

補償の重複に注意!保険は定期的な見直しも大切です

通販型自動車保険を選ぶデメリットは、契約内容のチェックが受けられない点です。補償内容は自分で選ぶ必要があるため、たとえ補償内容に重複が生じていたとしても誰からも指摘してもらうことができません。補償の重複といったミスは複数の保険に加入している場合や2台以上の車を所有している場合に起こりやすくなっています。こういった重複が生じると保険料を無駄に支払うことになり、対面型保険を選んだ時よりも却って保険料が高くなってしまうこともあるので注意が必要です。また、通販型自動車保険の保証やロードサービスの内容は、各社によってかなり違いがあります。自分に合った補償はライフスタイルや年齢などによっても変わってくるので、選ぶ保険会社は定期的に見直すことが大切です。

自動車保険は万が一の事故に備えられるので、運転をする際には必要です。保険内容によっては賠償を無制限に出来ます。